読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古剣稽古日誌

古剣稽古日誌

武は、剣は、自分だけ立派に動いていればいいのものではない。

相手との関係性のなかでこそ、武は生まれる。

人間関係そのものだ。

そのとき、古来から重要視されてきたのが拍子や調子などと呼ばれる、己の心身のリズムそして相手との関係のリズムだ。

家伝の卜傳流剣術では、それを「風波の伝」で説く。

特に、具体的な形があるわけではない。

(そもそも形とは、具体的な技だけではなく、無形の理合を学ぶための仮の器にすぎないことがある。)

伝では、自然界の「風」と「波」の特性と、それぞれが連関して動くことに例えて説明する。

例えば「風」という存在は、どれほど強く吹いても、短く吹くことはない。

充分に吹いて止んだとしても、実はその勢いが完全に止まってしまうことはない。

それと同じ位は「波」にも備わっているという。

それを小太刀の技に使う。

小太刀は、その武具としての特性上、先をとるよりは、後の先に向いている。これは稽古してみればすぐわかる。

だから、相手を、先をとって動く「風」に見立て、我はそれに付き随うように変化していく「波」となる。

決して速さは重要なことではない。長い拍子を使うことこそ大事だという。

このことは実技稽古で体感できる。

例えば家伝剣術小太刀「表」二本目の形。

我は右手に小太刀を捧げ、大太刀を振りかぶり構えている相手へスルスル間合いを詰める。

間合いに入るや否や、相手の大太刀が振り下ろされてくる。

それを我は、全く触れずに、全身ごと左右へさばいてかわす。

慣れないうちは、全くかわせない。いくらフットワークを鍛えても間に合わない。

袋竹刀でやれば、何度も身体のあちこちを打たれるものだ。

だか、あるとき、ふとできるようになる。

身体運用の根本システムが転換するのか。

あたかも、打ってくる相手の気配がそのまま、我が身体が変化するスイッチとなる。

相手がスイッチを押してくれるからこそ、自動的に我が変化するような感じとなる。

あたかも、風に随う波のように。

稽古のなかで、いかにふだんの自分の内面リズムが、ちぐはぐだったか内省させられる。

決して難しいことではなく、どなたでもできるようになるのだが、どうしても形でわからない場合、当流では、そのヒントを体感するための特殊な器具もある。

(わたしはその器具を、100円ショップで材料を買って製作して、堪能している)

その感覚で雑踏を歩けば、背中越しに、各人それぞれの個別の内面のリズムが、感じられてくることもある。

すなわち、この稽古は、戦いだけではない。

拙い私にとって、日常の心身の質的向上、より良い人間関係の構築など、平和利用にも充分役立つようだ。

広告を非表示にする

稽古で「正しさ」を繰り返すことは大事だが、問題もある。

すなわち「正しさ」「先生の教え」に囚われすぎ、順守することで安心してしまうと、

精妙に生きている己の心身にブレーキをかけ、固着させてしまうことがある。

「正しい歩き方」「正しい話し方」だけでは、日常を生きていけないように、

己の「正しさ」をなぞるばかりでは、己の「いびつさ」を強化して、自分を超えた現実世界に対応できなくなる。

ことに形稽古はそのような弊害に陥りやすい。

なにより、いま生きていることこそ大事にしなくては、変化を最重要とする武にはなりえない。

だから稽古より先に、いつも自身のまなざしを錬磨し、鋭敏にしておかなくては、新しい気づきは、風景は見えてこない。

例えば同じ稽古でも、日によって、次々と新しい気づきが降ってくる日もあれば、

まるで石の壁を叩いているような不毛な日も少なくない。

その違いは、私自身の内にあるのだろう。

心身が素直に活きている日は、ひとりで動き自体を見つめ直すには、格好の日だ。

そんなとき、先人達が残してくれた古い形は、本当にありがたい。

自分の身体を、武具とのつながりを、じっくり探っていくための器として形を稽古する。

ふだん、いかに不要に力み、よけいな動作を含んでいるのかが見えてくる。

それをそぎ落としていく。

なお、武具と一体となるためには、あえて、それを持ったときの違和感にも注目すると、見えてくるものがあるようだ。

なぜ古い形がいいのか。

個人発明の形は、ややもすれば個性が強すぎて合わなかったり、その個性ゆえの限界もある。

何世代もの試行錯誤のなか、多くの先人達の身体を通過してきた形ほど、

いびつな部分は溶けてまろやかに熟成されているから、人を選ばず、誰の身体にでも寄り添っていく可能性が高い。

それでも、一人稽古で気づいたことが、生きて変化する相手をつけてもできるとは限らない。

独りよがりの「正しさ」で終わらぬよう、対人の稽古へ投げ込み、試していく。

様々な方々が集まる修武堂は、そのための場にもなる。

広告を非表示にする

武の稽古には、その人なりの世界への向き合い方が、如実に現れることが多い。

これはつくづく、私自身の深い反省である。

往々にして、ものごとに出会った瞬間、己のクセによる先入見、または誰かにもらった既製の視点でとらえてしまう。

ことに武はその特性から、個々のプライドと直結してしまいやすいから、大変難しいことにもなる。

すると本質が見えなくなって遅れをとり、人ごとにその後の展開が変わってしまう。

可能性を拓くこともあれば、自ら限界をつくり、自縄自縛の苦界へ迷い込むことも多い。

その積み重ねが、いまの愚かな私を作っている。

その滑稽さは当の本人には見えない。第三者ほどよく見えてしまう。

これはまさしく武の、剣の立ち会いでの失敗にも似ている。

まずは、現象世界ありきなのか、己のやり方ありきなのか、で、その人の現実への対応力、生きのびていく強さは、全く変わってしまうだろう。

父が、長年の剣道地稽古で学んだことは「はい、いらっしゃい」だ。

すなわち、攻防のなかで、我が構えは、自分ではなく、相手が決めてくれる、ということだ。

それは己を完全放棄して、相手にゆだねきってしまうことではない。それでは瞬殺される。

自ら堅牢な心身の構えを整えたうえで、こちらから主体的に相手へ関係を投げかけ、それに応じてくる相手へ共鳴していくのだ。

そうなると高齢の父でも、高速で正確な打ちを繰り出す、若い機動隊特練生の猛者相手に、先の機をとらえて難なく応じ技が出てくるものだ、といっていた。

さらに武で、同じ状況による出会いと攻防は、二度と発生しない。

形の所作や状況設定も、実際の攻防では、生涯一度も経験しない可能性が高い。

人と人との出会いと同じだ。

「尊き先人の教えだ。少しでも違えるな」と、外形のみ刷り込むほど、動けなくなる。

(ただし私は、剣道地稽古で、無意識のうちに卜傳流剣術の形そのままの技が出てしまったことが何度かある。後述する)

もとい。英会話でも、会話例をいくら覚えても、生身の人間相手では二言目にはテキストと異なる答えが返ってくるから、すべてが崩壊する。

では、そこからなにを学ぶのか。

目には見えぬが背後を流れている文法ではないか。

ひとつひとつの個別性を乗り越え、つないでいる法、ことわりを学ぶための形は、往々にして素朴だ。

だから、その流儀の重要性は、形の派手さや本数の多寡ではない。

法なく、特殊な動きをする武技ほど、見栄えはしても、その動き以外には展開できない。

形の背後を流れている法式は、稽古のなかで、その形が何度も揺らぎ、何度も崩壊しそうになり、我々の先入見もはがれ落ちたなかから、ある日、意外なかたちで出現してくるようだ。

そのとき、いままでの稽古が、自分が揺さぶられ、全く新しい地平と希望を感じた。

センスのない私は、そのような喜びを数回しかしていない。

しかし、今日もまた、次の出現を待ちながら、徒労のような稽古を続けている。

(追記)

剣道地稽古で、思わず家伝の卜傳流剣術が出てしまった主な事例。

小学生の頃は、団体戦大将同士の決勝選で、思わず家伝剣術式の折り敷き胴で勝った…。

学生の頃、剣道教士七段で小舘俊雄派の小野派一刀流宗家故T先生によく剣道地稽古をいただいたが、あるとき思わず家伝剣術折身一本目が出た。

相手が面を打ってきたのを陰の構えではじき、薪割りのような小手を返してしまった…。

長じて、剣道範士八段O先生との剣道地稽古中にも思わず家伝剣術裏一本目が出た。

相手が打ってきた差し面を抜き、脳天唐竹割りのような激しい面打ちを返してしまった…。

剣道では全く認められない大技だったが、優しいお二人の師範から、その場でお褒めをいただき、大変恐縮した。

またあるときは、国体選手だった教士七段の方に地稽古をお願いした。

以前、先輩が地稽古で、突きの猛打をくらい「殺されそうになった」と恐れていた方だった。生意気だった私は、己の修行にしようとあえて挑戦した。

蹲踞して互いに中段、剣先で攻め合っているとき、家伝剣術生々剣のように、間合いのなかで緊張が生まれる空間を感じたら、ポッ、ポッと、それを空中で解消するようにしてみた。

するとなぜか相手が全く打ってこない。面金の下で迷っている様子が感じられた。

おかげで私も落ちついて攻防ができた。

私が帰った後、その方は父へ「息子さんもなかなかやりますな。どこで稽古されているのですか」と聞いてきた。父は「アイツは一年ぶりの剣道だ。普段は勝手なことをやっている」と答えたという…。

以上、剣道という一定のルールのあるなかでの拙い体験だ。

しかしこのような体験報告をすると、甲野善紀先生にはお喜びいただいた。

お会いするたびに「古流剣術で現代剣道を圧倒できるほど強くなるべきですよ」と激励されているからだ。私にとってはまだ遠い境地であるが。

しかし、その後、低段者の私だから、高段者の方から剣道式「正しい基本」への矯正指導が始まった。ヘソ曲がりの私だから、それで次第に、剣道稽古へ足が向かなくなった。ダメだなあ。

広告を非表示にする