古剣稽古日誌

古剣稽古日誌

形とは何か。なぜ必要なのか。

わが家にも中近世以来の素朴な形がある。

己の好き嫌いを言えず、淡々と継承してきた。

亡き祖父は、明治末期に、卜傳流剣術を代々伝えてきた一族の長男として生まれた。

少年期には、旧藩の各武芸師範達や戊辰戦争を体験した武士達がまだ生きていた。

一方全国では、武士達の武芸が衰退し、新しい人々による近代武道への移行が始まっていた。

やがて旧弘前藩の各武芸師範家達も、我が家以外すべて、血脈による代々の技芸をやめた。

残った伝承の一部を、有志達がつないでいった流儀もあった。

そのなかで、ややもすれば、伝来の口伝があいまいとなり、形の所作も不明となり、様式化していく流儀や、全く形を捨ててしまった流儀もあったろう。

一族で伝承しているといえば、現代社会では「親子だけの稽古では独りよがりになりやすい」という批判もある。確かにそうだろう。

だが一面では、それが我が剣術の継承を守ったのかもしれない。

生まれたときから起居を共にし、強制的に教えていれば、たとえ言葉は少なくとも、無意識のうちに感覚と全身すべてで伝承されてしまう。その情報量は膨大だ。

(実は私は、順序立てて習った記憶がなく、いつの間にか稽古していた。

だから他人への教え方がよくわからない…。

よって広く一般の方々へご紹介するいまは、家伝伝書の再読をしながら、自己分析と内省とともに稽古を見つめ直している。)

あれこれ自由選択等が許されずに継承した者が、最後までその伝承の責任をとる者となる。

昔の諸職の職人たちもそうだったろう。私もそのように生きていく。

弘前藩最後の武芸師範家として、近代と対峙してきた祖父は、孫である私へよく教えてくれたことがある。

「形稽古ばかりではバカにしてくる人がいるものだ。だからそれに負けないよう、竹刀稽古も充分にやって実力を磨いておきなさい」

確かに近代は、そのような時代だったのだろう。

そのため日本各地では、伝来の古法を、近代式に改変した流儀も少なくなかったようだ。

加えて近代武道は、自らも新しい「形」を編み出した。

そのなかには、かなり具体的な技の手順を示すものがあり、我々がすぐに共感、理解できる。

だが、カタチが具体的なものほど、手順が明らかなものほど、その先が尽きやすい。

すなわち「こうきたらこうする」という即物的な手順は、状況が少しでも変化すると無効だ。

変化を旨とする武では、命を預けるには不安である。

確かに江戸時代でも、そのようなすぐ理解できるマニュアル的な形は生まれていただろう。

だがそのような形は、変化づくしのシナイ稽古や乱取りの流行の前には、無力だったろう。

一方で、古い流儀の形のなかには、即物的な手順として考えれば、全く説明に苦しむものが多い。

我々現代人の感覚や心身が変わってしまったこともあろう。歌舞伎の所作が見えなくなったように。

もしかすれば古い形は、近現代の我々が考える「形」と同じ存在ではなかったのではないか。全く異なる存在として認識され、扱われていたのではないか。

いまわかることは、そのなかの所作に無意味なものはないだろうことだ。

それを己の愚かさから「無意味だ」と捨てたり、改変してしまえば、形は本当に生命を失ってしまうだろう。生命を失った形こそ、自由稽古の前には全く無力となるだろう。

例えば家伝剣術の小太刀。最初にまことに奇妙な所作をする。

右手の小太刀を腰あたりに真横へ構え、左掌でその刃部をなでるようにする。

口伝では「刃の向きを確かめるため」という。それから具体的な技を遣う。

わたしもその通り稽古してきたが、どうやらそれは単なる礼法やまじないではない。

その所作を行うときに発生する身体に気づいた。

我が身体を、真横につらぬくように走る、見えない水平器が、左右の権衡が生じる。

加えて、朝日のように昇っていく小太刀が、前方への流れを生む。

これらが組み合った規矩によって、我が構えと身体が、前後左右の権衡を保ったまま、相手へ間合いを詰めていく。

これは、鈍重な私が、いくらがんばっても立ち上がらない、自由稽古や地稽古の繰り返しのなかでは、なかなか気づくことができない、透明で確かな身体の規矩である。

どちらにも偏っていない中庸だからこそ、相手の先を察知できる。

真っ向を斬ってくる太刀を、左右へかわすことができる。

その規矩を壊して相手に打たれる要因を生んでしまうのは、我が、驚・懼・疑・惑の四戒だ。

このような剣術稽古で学べることは「死ぬ気でがんばれ」と、できるかできないか、バクチを打つ無謀さではない。

目前の虚空で、混沌とした混乱のなかで、我が心身の置き所を知る、ということか。

為すべきときに、為すべき場で、為すべきことを成す、ということであろう。

このような規矩は、おそらく先人達の身体にも発生していたのではないか。

だとすると、時代遅れの稽古をしている私は、

その瞬間、ちっぽけさから抜け出し、

この形が実際に活きて使われていた先人達、形が生まれた遙か遠い開祖の心身へと、

時空を超えてアクセスしていけるのならば、これほどうれしいことはない。

武の先人達が遺してくれた形は、開会セレモニーや昇段試験、懐古主義、サムライごっこのためではなく、

時代は変わろうとも、混沌として切実な目前の世界を生きぬくため、実践のなかから見出されてた、普遍的なことわりのヒントを示しているのではないか。

広告を非表示にする

〇定例稽古のお誘い
弘前藩で伝承されてきた卜傳流(ぼくでんりゅう)剣術、當田流(とうだりゅう)棒術、林崎新夢想流居合、本覚克己流和(ほんがくこっきりゅうやわら)などの古流武術を中心に、心身を生き生きと豊かにしていく稽古を楽しみましょう。
ご関心のある方はどなたでも参加できます。初心者も歓迎いたします。
(小学校高学年以上、見学も可)。

  ・日時(予定):2017年4月8日(土)・15日(土)・29日(土) いずれも13時~15時
  ・会   場 :青森県弘前中央高校(弘前市)4F 武道場 をお借りいたします。

  (※お借りしている会場なので、直接、会場へのお問合せはご遠慮ください。)

  ・参加費等:無料

その他
 ・動きやすい服装でお願いします。(室内、板の間の道場です。内履き等は不要です)
 ・木刀や帯類などの稽古道具がある方は持参ねがいます。
 ・シゴキ等はありません。各自の興味関心、体力に応じた稽古です。
 ・安全に充分留意した和やかな稽古ですが、もしもの際のケガ等は自己責任でお願いします。
                                 修武堂小山隆秀

広告を非表示にする

家伝の卜傳流剣術の小太刀稽古は、仕太刀(弟子側)が構えを打たれることから始まる。

なぜだろう。

剣道や剣術の地稽古では、間合いに入るや否や、ドンドン打っていく方が気持ちがいいし、技が伸びやすい。

幕末以降そのようなシナイ打ち込み稽古が流行したらしい。竹刀剣道の稽古方法の多くはそこから始まった。

だが、ややもすれば、打っていく側は、打つ前の攻めは濃密でも、打った瞬間、打った後の心身が空疎になったり、居着いてしまうことも多いのではないか。

一方、打たれる方は、技前の攻防、互いの剣が接触した瞬間、その後…と、次々と変化していく彼我の間合いと関係性を、時間に深く入り込んでギリギリまで濃密に観察、体感できる。

これが稽古で師匠側が務める「元立ち」の醍醐味でもある。

家伝剣術では、その打たれることを弟子側も学ぶ。

最初から打ち合いをさせてくれないのだ。

まず、右片手に小太刀を持って構えはじめる。

このとき、まずは左右に腕を少し開いて、小太刀と全身をひとつにつなぐような所作をする。

そして、旭が登るがごとく、小太刀を掲げていく。

(なお家伝剣術小太刀では正対する姿勢も使う。日本剣道形のように間合いをかせぐため、常に小太刀側を前に突き出す右半身のみでは、左右への変化に乏しくなるからだろう)

すると自ずと、小太刀と一体化した我全体に動きが生まれる。

この初動は、いつものように闘志満々、地面を蹴って生み出した自力ではない。

最初の意は自分だが、その後は自分であって自分ではない。

まるで濁りのない清流のように、自然と流れ出てくる動きだ。止められない。

その流れと我と小太刀とすべてがひとつになって、間合いを詰めていく。

推進力が自力ではなく、両脚が地面から開放されているから、途中で変化できる。

相手(打太刀、師匠側)と我の状況変化を冷静に観察できる。

しかし、剣を振り上げて待ち受ける相手にとっては、異質な世界が感じられる。

あたかも小太刀の構えが、車輪か水流のように切れ目無く、音もせず、近寄ってくる。

構えながら仕太刀が間合いを詰めていくこと自体、先をとって相手への攻めとなっている。

その威圧感に痺れをきらした打太刀は、間合いに入るやいなや、遠慮なくその構えを打ち落としていく。

だが、その瞬間も、その前後でさえも、仕太刀は一瞬たりとも止まったり、居着いてはならない。

そうすればその瞬間、必ずや打ち落とされよう。

どうなるかと怖がってもいけない、こうしてやろうと願ったり期待してもいけない。

打たれる前も、打たれた瞬間も、打たれた後も、ただ「平常心是道」同じ心身で歩んでいく。

異常なことではあるが、そのことこそ、打太刀の恐ろしい斬りを受けない八面玲瓏の身となる方法なのだ。

すると不思議なことにときおり、遠慮無く狙い撃ちしたはずの打太刀が、空振りしてしまう現象が発生する。

両目裸眼2.0の私でもそうなるときがある。打太刀も仕太刀も全く実感がともなわないので、もう一度やって同じ現象となったりする。まるで狐にだまされたような感じがする。

その現象は、旧八戸藩に残された「願立剣術物語」の記述と酷似する。

源流が親戚関係にあたるから、同じような理合があっても不思議ではないだろう。

だが、それを奇貨として、空振りさせようと囚われてもいけない。

その現象の再現に居着けば、次は必ずや打ち落とされる。

何がおころうと全くかまわず、相手のことなどどうでもいいから、ただただ、己の心身が小太刀とひとつになっているかどうか、天地に居着いていないかどうか、その権衡(バランス)だけを注視する。

この稽古はそのまま大太刀でも同じことを行う。初心者には教えるなと伝える稽古だ。

このなかに、構えや歩法など基礎的な術理が自ずとすべて入っていることが自ずとわかってこよう。

この後で、さばいたり、打ったり、手をとったりと、具体的な技の攻防を学んでいくが、それらすべての技の発現の仕組みについては、やはりこの素朴な形から学ぶのである。

前述した囚われずにそのまま入っていくべき間合い、時空について、そのまま不感症になるのではなく、より深く濃密な時間を見つめて体験しておくことが大事となる。

すると具体的な技法へ進んだとき、その間合いにおいて、先をとられた打太刀がこらえきれずに斬りを出す、その気配が、我の技の発現を生むことを、じっくりと楽しめるようになる。

「己の技は自分が決めるのではなく相手が決めてくれる」という父の感覚もそうだろう。

そしてその心身は「為すべきときに、為すべき場に居て、為すべきことをする」という武士たちが求められた役割にも通じたろう。

そこには武が、独りよがりの暴力を超えていく示唆があろう。

武の稽古とは、あまりに抽象的すぎてもだめであり、あまりに即効性を求めたり、あまりに曲芸的でもだめだ。すぐに通用しなくなる。

そのなかでもこの稽古はあまりに素朴で、演武でやれば愚者のようで失笑を買うだろう。

当流はそんな稽古ばかりなので、現代ではほとんど広がらない。

だが、実際に体験してみれば、その不思議さ、玄妙さ、コロンブスの卵のような展開に、顔色が変わられる方が少なくない。

私自身、稽古だからこそ成立する曲芸であり、実用性があるのかと、大太刀相手に、小太刀の袋竹刀で、自由稽古を試したことが何度もある。

するとふだん、間合いを詰めるときにあれだけ大太刀に打たれたのが、急に打たれにくくなり驚いた。

剣道部時代あれだけ地面を蹴って足の皮をはいで流血していたのとは全く異質な技法だ。

ただ間合いを詰めた直後、私自身の焦りで、その状態を壊し、いつものモグラ叩きに陥る。

さて、全国武者修行で無敗を誇った弘前藩士浅利伊兵衛。

彼が他流仕合をしたとき、どんなに速い相手でも、扇子や小太刀片手に、なんなく間合いを詰め、相手の動きを封じてしまったという神業エピソードが多い。

神話だろうと思っていた。しかしそれでは、永遠に気づけないことがあるのではないか。

私のような暗愚でも、それを実際の理合いとして遠望しながら稽古していくための、具体的な道しるべにしていきたい。

広告を非表示にする