読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古剣稽古日誌

古剣稽古日誌

稽古していたら、改めて感じる。 やはり刀剣は、単なる視覚だけでとらえる鑑賞の器ではない。 それだけだったら、あのようなカタチをしている必然性はないだろう。 刀剣本来の機能美は、動きのなかでこそ、明確に立ち上がってくる。 刀剣は、無制限で混沌と…

お盆で実家に帰省。 約200坪の庭は、あまり手入れしていないから、様々な高低の植物が生い茂り、よく野鳥もきて、植物園か雑木林のようだ。 新興住宅から見えないので、半裸で素足に草履履きになって、思い切り野稽古。 素振りだけではもったいない。真剣や…

武を、若い頃だけの腕自慢や競技大会の思い出だけで終わらせるのは、もったいない。 生涯をかけて、ココロとカラダを養っていく、深い喜びに、 そして、試合コートや道場より遥かに広い、この日常を生きていく糧とするために。 まずはじめに、我々人間は、体…

近代以降、日本刀は武具としての実用性を失なった。 よって現代は、日本刀を「美術工芸品」としての鑑賞することが、あたかも唯一無二となり、それを知らない私のような者など論外だ、といった雰囲気まであるようだ。 対照的に、武具としての日本刀の知識や…